アダルトチルドレン

人と同じようにできないと悩んできたアダルトチルドレンのあなたへ

今日は、「人と同じようにできないと悩んできたアダルトチルドレンのあなたへ」という内容でお話したいと思います。

私は今は「人と同じようにできない」と悩んでいる人には、「それは当たり前だから悩まなくていい」と答えます。

みんな違う顔や身体、親もみんな違います、見た目も中身もみーんな!

それなのに、「みんな同じではないといけない、人と同じようにしないといけない」なんてそっちのほうがおかしいのです。

これまで6年間カウンセリングをしてきて、全く同じ親、環境、顔、身体の人はいませんでした。

当たり前といえば当たり前ですよね。

これを読まれているあなたもそう思うと思います。

でも、

でも、

「やっぱり人と同じようにできないことはダメなことではないのかな?いけないことじゃないのかな?」って戻りませんか?

私も人と同じようにできないことがたくさんあって、ずっと悩み苦しんできました。

子どもたちにも夫にも強要してきました。

それでどうなったかというと、誰も幸せなんかなれませんでした。

あなたは今幸せですか?明るく生きていますか?毎日を楽しく暮らせていますか?

人と同じがいいという価値観

詳しくお話すると時代を遡って、国までのお話になるのでそこは横に置いておきます。

私の年代は戦前戦後に生きてきた親を持つ世代です。

私が三輪車に乗っている頃(昭和45年くらい)は、まだ道路も砂利道で舗装されていないところが多かった時代です。

その頃からだんだん生活が便利になっていきます、学校教育も現在の教育と同じようになり、

家庭でテレビが普及しはじめ、子どもを育てる価値観がだんだんと一つになっていったように思えます。

学校ではテストの点数がよかったり足が速い子がすごい子、上手に話をすることができるのが素晴らしい子など、

家庭でも学校でもその価値観が一般的とされてきました。

私自身も同じ価値観にありましたから、学校の成績が悪いとダメな人、役割ができないとダメな人、

図書館で静かに好きな本を読んでいると大人しい人、一緒に外で遊べないのはわがままな人、

こんなふうに誰も言わないのに静かにその価値観がまだ何もわからない子どもたちにも及んでいたと思います。

また、その親たちもそういう価値観を持ち、その中に当てはまらない子どもの事で悩んできたのではないでしょうか。

人と同じじゃないといけないのはなぜ?

あなたはなぜ人と同じじゃないといけないと思いますか?

私だと、それが当たり前だと思っていたから。そう答えます。

それ以外に理由を聞かれても過去の私は答えることはできなかったと思います。

では、反対にみんな同じ人だったらどうですか?

みんな同じ服、同じ持ち物、同じ家、同じ車、同じ考え方、同じ旅行先、同じ好きな食べ物・・・

想像すると気持ち悪いですよね。

気持ち悪いのがわかるのに、みんなと同じじゃない!って悩んでいるわけです。

なぜ悩むのでしょうか?

それは、親や周りの大人から「同じようになりなさい、しなさい」と言われてきたからです。

子どもは人から生まれ人が育てます。

産まれてから、「あの子のようにできないあなたはダメね」「あの子はできるのになぜあなたはできないの」と言われます。

家庭以外でも同じです、

先生や先輩や、上司、同僚などからも同じことを言われてきた経験がある人は多いと思います。

同じじゃないといけない価値観の押し付けですね。

押し付けられてきたから、みんなそれを信じ込んで生きているのだと思います。

最近、すごく自由に生きている人との出会いがあって話を聞いてみるとお母さんが放任で自由にさせる子育てをしてくれたから、

みんなと同じじゃないといけないとか考えたこともそれで悩んだこともなかった、

そんな事で悩んでいる人がいることも知らなかったって言っていました。

みな同じで誰が得をするか?

みな同じで誰が得をするか?それは大人だと私は思うんですよね。

みな同じにしてくれたら大人は楽だと思いませんか?

親も同じように考えていると思います。

だって、親の中に子どもが違ってもいいという価値観がないし、生きる上での知恵がないから。

自分の子どもをどう育てていいかわからない親はたくさんいます。

私も過去そうだったですし、みんなと同じだと安心しているところがありましたから。

結局、大人自身がどう生きていいかわかっていないし、わかっていないから子どものこともどう育てていいかわからなくなっているのですね。

みんな違うのがあたりまえ

何回も言いますが誰一人同じ顔の人はいないです。

だからみーんな違うのが当たり前なんですね。

ほんと、シンプルにそれだけのことなんですよね。

でも自分の親から言われ続けてきたら、親を大人と思っているし、親だからという理由があるから、

親の言葉を信じますよね。

親が幸せに生きているなら親の言葉を信じていいと思います。

でも親も幸せに生きていなくて、あなたも幸せを感じることができないのなら、親の言葉を信じているのはおかしいことになります。

そうは言っても頭でわかるけど、簡単にはわからないしできないよ、と声が聞こえてきそうです。

アダルトチルドレンの人は根拠が欲しい?

アダルトチルドレンの人は「なぜそうなっているの?」とこれまで悩んできた事を解きたい人と思うようです。

なぜ、そうなったのか、なぜそういうことを言われたのか、なぜ人と同じでなければいけなかったのか。

一つ一つ、からまった糸をほどいて一本の糸にするように、からまった部分を少しずつ紐解いていきたいようです。

ですから、どうしても腑に落としたい、わかりたいと思う人はカウンセリングで一つ一つ聞いていただければと思います。

まとめ

「みんなと違っていいんだよ」と一番言ってほしい親から言ってもらえないのは、子どもにとって辛いことです。

でもね、親でなくてもいいと思うんですよね。

あなたが尊敬できる人、信頼できる人がいたらお願いして「みんなと違っていいんだよ」と言ってもらうといいと思います。

少しずつだけど、違っていいし、違って当たり前だよな~

って思えてくると思います。

 

セッション内容・料金

https://hahatoko.net/menu-price/

 

お申込み、お問い合わせは下記よりお願いいたします。

お申込み・お問い合わせ

 


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座