自己肯定感

行動できたことは少しのことでも褒めてあげてくださいね。

家の近くに海があるのですが、時々ぼっ~と一人で癒されに行きます。潮風が吹いてきて気持ちいいんですよね。少しの時間ですが頭の中がすっきりするのがわかります。

 

さて、機能不全家庭で育った人たちは親からあまり褒めてもらったことがないと思います、なので自分を褒めてあげてくださいねと言ってもしっくりこなかったり、しらじらしくなると思います。

 

 

でも、初めはそれでいいと思います。その状態もずっとは続きませんから。

 

 

例えば、これまで悩んでいたセッションに申し込みをした、お別れしたいと思っていた人に勇気を出してお別れを伝えた、行ってみたい行ってみたいと思っていた場所に行ってみた、いつも200円のケーキしか買わなかったけど、思い切って1000円のケーキを買ってみた。

 

 

こんなふうにこれまでと違った行動をした時は特に自分のことをたくさん褒めてあげて欲しいです。

 

 

私も、過去は10,000円のセッションに申し込むのも勇気が必要でしたし、自分のために食べたいものを買ってあげるのもできませんでした、でも今ではそれが自分にとって本当に価値があると思えばすぐに決めることができます。金額があまり関係なくですね。

 

 

それができるようになったのも、自分で少しずつ褒めてあげてきたからです。初めは自分で言いながらしらけていました。こんなこと言って変わるものか、という言葉も自分の中から出てきていました。

 

 

でも、それじゃ私の母と同じことじゃないかって思ったんですね、皆さんも同じです、親が褒めてくれなかったから自分のことを褒めるなんてできないよという理由で自分を褒めないなら、結局親と同じことを自分にしてしまっているんです。

 

 

そんなことして何になる!?と思うかもしれませんが、自分が自分を褒めてあげるのは何にもいりません、自分と24時間一緒にいるのですからたくさん褒めてあげてください、歩いたこと、呼吸していることでもいいですよ。

 

 

続けていくと本当に何かしらの変化がありますから。まだ休んでいない人は寝る前にも褒めてあげてくださいね。おやすみなさい。


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座