アダルトチルドレンについて

父親からも母親からも親の役割をしてもらえなかったアダルトチルドレンのあなたへ

私が40歳の頃、夫の実家の倒産をきっかけに親子関係がどう子どもに影響を及ぼすかを調べ出して15年が経ちました。15年も経ったかなという感覚ですが、長いといえば長いですよね。ようやく、ここ数ヶ月の中で、親子関係の仕組みがだいたい理解できたように思います。

 

これまで、「なぜ?」「どうして?」「どうなっているの?」という謎解きを、クライアントさま、コーチやコンサル、カウンセラー、医師などと関わりながらやってきました。

 

11年前に私がカウンセラーになった時にどういうクライアントさまに来ていただきたいか考えた時に、自分と同じタイプの「完璧主義、頑張りすぎの200%の人(50%の部分もありました)」だったのですが、お申し込みされるのは、「母親を求め、優しく温かく教えてもらいたい、繋がりたい、話を聞いてほしい、どう生きていいか教えてほしい」という女性のクライアントが8割でした。

 

なので、カウンセラーになってから昨年までの約10年の間、誰のためのカウンセリングをしたらいいのか悩みまくっていました。分かれば分かるほど分からなくなり、悩みながらも、色々なタイプのクライアントさまのおかげで様々な親とその子どものアダルトチルドレンのタイプの事が理解でき、どのように改善していくかが分かる事ができました。

 

もう、今は、普通に幸せに生きていそうな人でも、どんな職業の人でも、稼いでいて楽しそうに生きている人でも関係なく、日本人みな、アダルトチルドレンだと言ってもいいと私は思っています。

 

普通の家庭で育ったと言っているコーチやカウンセラーの人ほどアダルトチルドレンだと思っていて、私は、これまでの15年の間に「私は子どもの頃から、当たり前のことを当たり前にして生きてきたんだ」と、人と関わるごとに何度も自分を取り戻せるような経験をたくさんしてきました。

 

「当たり前のことを当たり前に」というのは、毎日の暮らしと子どもへの想い、子どもや親、家族との関わり方の部分でです。

私が当たり前のことを当たり前にできていたのは、私の両親の影響です、大正9年生まれの父と昭和6年生まれの母、両親が生まれた時代の暮らしや生き方を子どもの頃から見てきまたこと、家事や親の仕事を「見て覚えろ!」と母から言われ、家事や父の介護を手伝っていたことがその「当たり前」に繋がっていたと思います。

また、両親には親の役割はほとんどしてもらえず、逆に、親の役割を両親は私が子どもの頃から私に求めてきましたので、子どもの頃から、知らず知らずのうちに両親の親代わりを主に精神面、と子どもでもできるような事をして育ったことです。

なので、社会人になってから会社の中での掃除やお茶の用意、結婚してからの家事などは普通にできたので、そういうことに対して困ることはありませんでした。

 

ですが、両親が「親の役割」を知らず、何も考えず私と弟を産んだ結果、両親は仕事はしっかりしてくれましたが、子どもと関わることもほとんどなく親の役割をしてもらうこともなかったこと、特に母親からは抑え付けられ厳しく育てられことで、高校を卒業した後は特に、人間関係を誰とも深く築く事ができなくなっていました。

私の場合は、父親って何かよく分からないまま大人になり、母親は怖いだけ、近くにいるのが辛く、すぐに母親の近くから離れたくなるような人で。

どちらとも、気持ちが繋がっていないんですよね、子どもの私から母親に対して気持ちを繋げようと何度も何度も努力してきましたが、母は無理でした。

こういう父親とも母親とも気持ちが繋がらない、親の方に子どもに対して愛情がない家庭で育った人は本当にたくさんたくさんいます。

このような家庭で育った場合、本当に何でも話せて信頼できる友人ができにくいですし、何かのコミュニティに所属することも苦手で、とても孤独になりやすいです。

男性の父親と、女性の母親とたくさん関わっていないのですから、家庭に外に出ても、男性の誰かと、女性の誰かと関わる事ができない、どう関わっていいか分からないんですよね。

 

色々なタイプのアダルトチルドレンがいますが、誰とも繋がりが持てないアダルトチルドレンの人は本当に辛いですよ。

親の傾向としては、父親の方が大人しいとか真面目、優しくて、母親が異常に厳しかったり、子どもを友人と遊ばせないような抑えつけ方をしたり、子育てより、子どもより、仕事をバリバリしたいような家庭に多いです。

父親、母親、どちらとも子どもの頃から関わっていないとか、父親の役割、母親の役割が分からないという人は、歳を重ねるごとに孤独になりますから、少しでも若いうちに、自分と、自分の親のことと向き合ってみてください。

 

次のチェック項目に当てはまりませんか?

☑︎父親とも母親とも話をしたり楽しく遊んだ経験がほとんどない

☑︎親の役割がよく分からない

☑︎母親が家庭や子育てより仕事優先だった

☑︎母親が怖かった、近くいると落ち着かない

☑︎父親の事がよく分からない

☑︎家庭が安心安全ではなかった

☑︎いつも誰かの世話をしていることが多い

 

親子関係の仕組み教えます。

メニュー•料金 メニュー•料金 人はひとりとして親、家庭環境、兄弟姉妹順位、育ち方、経験、悩みなど同じ人はいません。そのためお一人お一人に...