アダルトチルドレン

自分で決めたことに責任をとっていますか。

青い色が好きです。青い空、青い海、青い花、綺麗な青色を見た時とっても感動します。言葉で何と言っていいのか表現するのは難しいけれど、この青い色を見たいために生きていたいという思いがどこかにあります。

 

 

自分で決めたこと、今の私は自分で決めたことしかしていません、そしてその決めたことに責任を持つこと、誰のせいにもしないことを大切に生きています。

 

 

こう書くと、勘違いする人が必ずいます。

 

 

自分で決めたこと、それは本当に自分の意志ですか?自分の中から出てくる正直な気持ちで決めましたか?それならいいと思います、最後まで楽しみながら進んでください。

 

 

そうではないなら、それは最後までやり通すこと、責任を持って最後までやり続けることでしょうか?

 

 

誰かのために、誰かに褒めてもらいたいから、誰かに・・・そんな思いで決めているなら、それはもうやめたほうがいいでしょう。

 

 

それは自分で決めたとしても、本当に自分で決めたことにはなりません、その場合の責任の取り方は、自分で決めて次に進み、その時は自分の中から出てくる正直な気持ちで決めることです。

 

 

責任を取ることに対して取れない人たちもいます。

 

 

私はよく夫と話をします、夫から話をしてくることはほとんどありません。会話ができない人なので、話をする時は私は未だにある意味用心しながら話を始めます。正直疲れます(笑)

 

 

先日、話の流れから結婚した時の話になりまして、夫が「家庭を持ったら一人ではなくなる、家族で仲良くできて楽しく過ごせると思っていた」みたいな事を言いました。

 

 

私は初めて聞いたのですが、まあ、ほんとかい!?とつっこみたくなる内容です。「そんなふうに思っているんだったら、何故長女が生まれ次男が大きくなるくらいまでの13年間もほとんど夜に家にいなかった!?」と思いました。4人子どもがいるのですが、夫は私が長女を産んだ24歳から13年間もの間、仕事や用事で家にいることがほとんどありませんでした。

 

 

子どもが小さい時、大人の手がほしいのにいつも私たちに背を向け、「私も子どもも熱があってしんどいから今日だけは家にいて手伝ってほしい」とお願いをした時も「お前は何を言っているんだ」というような顔と言葉を言い捨て家を出て行ったことが何回もありました。

 

 

何回かの時、今も覚えているのですが本当に私の頭の中で「プチッ」と音がしたんですよね、その時に「この人はダメだ」と諦めましたね。

 

 

言っている言葉と行動がまったく違う・・・

 

 

男性は行動を見ないとダメです。

 

 

こうして、夫は自分では責任を取っている気になっているだけで、家族に対して色々なことで責任を転嫁してきました。

 

 

夫のような人もたくさんいます。自分では責任を取っていると思っていたと言っていました。夫の中にあるものがおかしいので、言葉ではまともなことを言い、行動は全く合わないことをするんですよね。

 

 

こうして本来責任を取るべき人が取らず、取らなくていい人が人の責任までとって必要のない頑張り方をしています。

 

 

人として、大人として、親として、自分で決めた事に対して責任を取ることを大切にしていきたいですね。でも、その事に対して本当に自分が責任を取る事なのか、他の誰かが取る事なのか判断する力も必要です。

 

 

私もその判断がわからなくて長年、夫に、夫に出会う前は母に言葉で騙されてきましたから(笑)。人生うまくいかなったはずだ、、、ちゃんちゃん。

 


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座