アダルトチルドレン

本音(本当に話したいこと)は必ず言えるようになります。

遅くなりましたが

明けましておめでとうございます。

皆さまの一年が明るいものでありますようにお祈り申し上げます。

 

私は年末年始忙しく過ごしていました、過ごしながらその前の年とはまた良いほうへ変化しているなぁと変化をしっかり感じていました。

それは料理だったり子どもや母、夫との会話やクライアントさまとのメールのやり取りでわかります。

行動をし続けた結果です。

行動が大切です。

行動してきた結果、良かったと思う事の一つに本音を相手に伝えることができるようになった事があります。

クライアントさまも本音を言えるようになった事が一番嬉しいと言われる人もいます。

 

現在、生きるのが苦しい悩みばかりで大変と思っている人の中には〇〇障害だから話せないのは仕方がない、人の話しがわからないのは治らないと言われる人もいます。

〇〇障害などという病名を信じて生きていたい人もいますので、それはそれでいいです。人は自分で気づかないかぎり信じたいものを信じますから。

ですが、人の話しがわからず本音を言えないとこれから生きていく上でずっとわからない世界を生きる事になるので逆にとても大変だと私はこれまでの経験で思います。

 

何故人の話しの内容がわからず、本音が言えないようになったのかは親(育てた人)に主に原因があります。

親が子どもに話しかけない、子どもの話を聴かない、会話というものが家庭の中になく親の話す内容もおかしなものばかりだと人が話している内容がわからなくなりますし、子どもの頃から本音を話すと親が怒り出したり聴いてなかったら本音を言ったらダメだと思い込んでしまいます。

 

ここに原因があると受け入れられない人は〇〇障害などの病名を信じて何も変わることなくそのまま生きていくことになります。

 

私も人の話しの内容がわからず人との関係で苦労してきました、ですが今は人の話しの内容もわかりますし、90代の私の母も私と暮らして4年ですが私の話しが通じるようになりました。

 

時間はかかりますが薬を飲まなくても病院に行かなくても普通に会話ができる人と一緒にいるだけで人が何を話しているのかがわかり、それに対する返事も何と答えたらいいのか話せるようになるのです。

けして、薬でわかるようにはなりません。

 

一番大切なのは人の話しの内容がわかるようになりたいと思う気持ちと、話したいことを話せるようになりたいと思う気持ちです。

 

まずは、人の話しの内容がわからないと何と答えていいかわからないのでカウンセリングで話をたくさん聞いてもらって頭の中にある無駄なものをどんどん捨てていくことです。

 

そして、これまでどうして?と思っていたことのカウンセラーに質問をして謎解きをしていくといいです。どうして?と思ってきたことを教えてもらい分かる事で「あ、やっぱりそうだったか、じゃあ自分はこうして生きていっていいんだな」と思えるようになります。

 

私たちは人なので人と関わっていくことが大事です。

そして誰と関わるかが一番大事です。

人の話しの内容がわかり本音が話せるようになると人生も一緒に変わってくれます。


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座