アダルトチルドレン

まだ悩み続けますか?|あなたは好きでその悩んでいる状態を選んでいます

人にはコンフォートゾーンというものがあるのですが、意味としてはその人にとってなじみがある状態、居心地がいい状態というものになります。

ですから、あなたが今悩み続けていてそれが嫌で嫌で仕方ないとしてもその状態があなたにとって当たり前の状態、居心地がいい状態になります。

まずは、自分でその悩んでいる状態が自分にとってのコンフォートゾーンになっていて、自分でこの状態を選んでいるんだなと自分自身に対して言葉をかけてみてください。

機能不全家庭で育っている人は悩んでいる状態がものすごく長く続いているので、自分で気付かないくらい悩んでいるのが当たり前になっています。

でも、悩んでいる状態が何十年も続いているのはおかしいことなんですよ。

おかしいことだと知ってください。

未来に対して次は何をしよう、どこに行こう、どうしたらできるようになるかななどプラスの事で悩みがたくさんあるのはいいですよ、でも考えただけで暗い気持ちになるようなマイナスの事ばかりあるのは本当におかしいですから。

 

その次に、その悩んでいる状態からは出られると知ってください、私も過去そうでしたがクライアントさまの多くは「人生は運命で決められている」と未だに信じています。

運命があるかどうか私はわかりませんが、今は私は自分の人生は自分で決めることができると思っています。

ですが悩んでいたいという人もいるんですよね、悩んでいる間は動かなくてもいいし、もしかしたらかわいそうな人って思ってもらいたいとか、人は色々なことを考えているものですから。

 

あと悩んでいる状態をどうにかしたいと考えた時に「どうしたらいいかわからないから」と言う人もたくさんいます。

そうですよね、その気持ちよくわかります。

機能不全家庭で育った子供はだいたい親に話を聞いてもらえない相談をしても何も返ってこない経験をしています、ということは周りに導いてくれるような親や大人がいなかったということなんですね。

子供は勝手に育つとか言いますが勝手には育ちません、やっぱり親がちゃんと育ててあげないと子供は分からないことばかりでさ迷い続けます。

悩んでいるあなたが悪いわけでも恥ずかしいわけでもないので、どうしたらいいかわからないときはわかっている大人に教えてもらうことです。

もちろん本を読んだりネットで調べてみるのもいいでしょう。

ですが、わかっている大人に出会うこと、必要な情報に出会うことも悩んでいる状態で見つけようとしてもなかなか本当に得たい人や情報に出会えないんですよね。

私もさんざん経験してきました。

自分の心や脳の状態がおかしくなっていると本当に必要な人や情報に出会えないんですね。

目の前に差し出されても認識できないものなんです。

そういうものなんだとこのことも知っていただければいいと思います。

 

そして、人は自分のコンフォートゾーンから出るのが本当に怖いです。

田舎に住んでいた私は人から東京はとても怖いところだと良く聞いていました、そんなことはないんですけどね、私からしたら田舎のほうが色々な意味で怖かったかもしれません(笑)

そんな東京が怖いと思っている人がいざ東京に行く用事ができたとします、どうすると思いますか?

その人のホメオスタシスが東京に行かなくていいような事を起こしはじめます、そして実際行かなくていいようにするんですね。

それも自然と行けなくなったというような形にするんです。

それくらい人は自分のコンフォートゾーンから出るのが怖いんですね。

 

でも、こうやって私たちの体にはコンフォートゾーンというものやホメオスタシスという機能なんかがあってそのために今の状態を選んでいるんだなと自分のことを客観的に見てあげるといいですよ。

それができるようになると自分で「なぜこんなに同じことを長年悩んでいるんだろ、ばからしい」とも思えるようにもなりますから。

 

あなたが今悩んでいるその状態この先もずっと続けますか?

私は40歳まで同じようなことで悩み続けた人生でした、主に親と人間関係と何を仕事にしたいのかの悩みでした。

今年私は55歳になりますが悩んでいる時間が本当にもったいなかったと思います、仕方ないんですけどね、でも今も時々今の私の状態で25歳くらいに返って人生やり直してみたいと思うときがあります(笑)

機能不全家庭で育った皆さん、一日も早く自分のコンフォートゾーンを変えて自分の人生を取り戻しましょう。


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座