アダルトチルドレン

銀魂2を映画館で3回見て思ったこと

こんにちは。母性・感情解放カウンセリング アダルトチルドレン専門カウンセラー平井です。

銀魂2を子どもと一緒に映画館で3回観てきました(笑)

過去の私なら絶対見ることができない映画です。この映画に限らず、映画やドラマも見て育っていないし、

感情に蓋をして生きてきたことで夫と初めて映画館で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観た時も全く内容が理解できませんでした。

アダルトチルドレンの人の多くは私と全く同じだったと話されますからね。

さて、銀魂2をなぜ3回も見に行ったのか?

それは、イケメンがたくさん出ていたから・・・

ではなく

まぁそれもありますが(笑)

三浦春馬くんが演じている「伊東鴨太郎」がとても気になったからです。

観られた人はわかると思いますが、兄弟と差別され母親に認めてもらうために頑張り続けてきた人なんですね。

「そうそう、そうだよねそうやって頑張るよね」

「認めてもらいたいよね、その気持ちわかるよ」

「でもやりすぎだよ、あなたがどんなに頑張っても親は認めてくれないんだよ」

「そうだよね、人を恨むようになるよね」

「誰も信じる事できないよね」

と観ながら心の中でつぶやいていました。

他人事ではなく、私自身もこれでもか、これでもかとやってきたので観ながら涙が出てました。

アダルトチルドレンの人の多くは、親に認めてもらいたいがために、親が認めてくれるかもしれない事で必死に頑張り続けて生きています。

でもね、そんなことしても無駄なんです。

親はどんなに子どもが頑張っているかなんて関心もありませんから。

それに、どのくらい頑張っているか親はわからないんですよ。

親自身が経験していないからです。

アダルトチルドレンの人は、親は大人だし親なんだから子どものことはわかっているだろうと思っていますが、

わかっていないことがほとんどです、子どもの話しは聞いていませんから。

映画は、親に認めてもらいたいと思って200パーセント頑張り続けるということがわかりやすく描かれています。

観ていない人は一度見てほしいです。

アダルトチルドレンがどうやってできるかわかると思います。

まぁそれにしても映画の中の吉沢亮くんがめちゃめちゃかっこよかった~(笑)

 

セッション内容・料金

https://hahatoko.net/menu-price/

 

お申込み、お問い合わせは下記よりお願いいたします。

お申込み・お問い合わせ

 


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座