悩みチェック項目

悩みチェック項目|50%の人たちと闘い続けてきたアダルトチルドレンのあなたへ

子どもの頃から周りにいる人間が役割も責任も果たさない50%の人間ばかりで、自分のことは後回しで50%の人間のために必死で頑張って闘い続けてきたアダルトチルドレンのあなたへ

 

以下の項目の人たちの事を「50%の人」と言います。

【親との関係では】

☑︎親が食事や家事を放棄していて、親に代わって食事や家事を子どもの頃からしていた

☑︎両親から話をしっかり聞いてもらうことがなかった

☑︎子どもの頃から精神的、肉体的に親の世話をすることが多かった

☑︎親が上、子どもは下という関係の家庭環境だった

☑︎親の機嫌次第で感情的に怒られることが度々あった

☑︎子どもの頃から友人と遊ぶこと、楽しいことをする事を親が嫌がり邪魔をされてきた

☑︎自分の事を後回しにしてでも親の用事を優先しなければならない

☑︎勉強も家事も、仕事をきっちりしていても、とにかく、お前はダメな子ども、人間だと言われ続けてきた

 

 

【友人との関係では】

☑︎約束の時間を守らず、いつも遅刻をしてくる

☑︎自分の面倒なことの手伝いをさせるが、こちらがお願いした時は手伝ってくれることはない

☑︎楽しいことは他の友人を誘う

☑︎友人の話を聞くばかりで、自分の話は聞いてもらえない

 

 

【職場の人との関係】

☑︎面倒だからと、雑用を押し付けられることがよくある

☑︎当たり前の事を当たり前にしているのに、真面目すぎるとか嫌味を言われる

☑︎自分の仕事はきっちり終わらせていると、暇そうだからと更に仕事が増える

☑︎仕事中でも数人で固まり、ずっと会話をしている人が職場を代わっても代わってもいる

☑︎忙しい、大変だ、などのアピールだけが上手な人が周りに必ずいる

 

 

【男性、夫との関係】

☑︎遅刻をしてくるため待つことが多かった

☑︎約束を守ってくれない

☑︎家事や子育てに関してほとんど協力しない、お願いしても逆ギレされる

☑︎会話ができない

☑︎一緒にいても孤独だと思うことが多い

☑︎夫(妻)が子どもと関わろうとしない、子どもと会話をしない

☑︎自分のことが第一、自分のことしか考えていない

☑︎家にいても自分の部屋に閉じこもっている

☑︎自分が正しい、間違っていないと信じているため、馬鹿にするような態度をとる

 

【自分との関係】

☑︎人と何を話していいか分からない

☑︎仕事ができない、続かないため引きこもっている

☑︎家事ができない

☑︎人の話している内容が分からない

 

メニュー•料金はこちらからご確認ください。

メニュー•料金 メニュー•料金 人はひとりとして親、家庭環境、兄弟姉妹順位、育ち方、経験、悩みなど同じ人はいません。そのためお一人お一人に...

 

私の母親は昭和6年生まれです、両親が早くに亡くなったため9歳から男性ばかりの奉公先で仕事をしてきました、奉公先には女性は2人だけ、そこに嫁いできた奥さんによく意地悪をされたと言ってました。

また、年に何回か帰る家には祖母がいて、その祖母は母の亡くなった父の弟だけを甘やかし育てた人でした。

母は、子どもの頃からこのような環境で育ち、周りにいる女性から優しくしてもらったり愛情をかけてもらうことはなく、男の中でただただ仕事をしてきた人生でした。

ですから、私と弟を育てる時の母の価値観や考えは「親は仕事と家事さえしていれば子どもは勝手に育つ」で、同じ子どもなのに、女性の私には意地悪をされていた奉公先の奥さんと同じような意地悪をしたり理不尽な要求をしていましたし、男性の弟には祖母と同じように甘やかしたらダメなところで甘やかす母でした。

このように、子どもの頃に周りにいる大人の影響はとても大きく、親になって子育てをする時に無意識で同じ子育てをします。

 

私の周りにいたのは、上記のような母と、甘やかされて育った弟が50%の人間でしたし、母と似たような50%の友人、男性としか関わりを持てませんでした。

結婚した人も母に似たところがある50%の夫で、暮らしや子育てをするのにとても苦労しました。

50%の人と関わると、こちらの人生は全くうまくいきません、頑張っても頑張っても嫌なことや困ることばかり起こってめちゃくちゃにされます。

 

また、私の母や夫は世間から見たら、いい親、いい夫と見られます、それは本人が無意識でそう演じているのですが、、

そして、「親は仕事と家事さえしていれば立派な親」、「夫は仕事さえしていれば立派な夫で父親」という考え方を信じ、自分が正しい!と信じています。

ここが、このような親や夫を持った人が苦労する点です。

虐待されるのがいいとかそういう話ではない事を先にお伝えした上でお話します。

叩いたり、手を上げることもなく、仕事も家事もしている親なので、何故こんなに辛いのか寂しいのか、何が悪いのか子どもにとって凄く分かりにくいのです。

 

仕事や家事をしてくれているから良い親のはずなんだけど、家庭の中は安心安全ではないし、いつも親のことで悩んだり悲しい思いをすることが多いし、友達もできないし、どこにも居場所がないし、生きるのもしんどいし、いつまでたっても悩みがなくならない・・・

そうなのです。

この分かりにくい50%の人たちのことを知って、理解しないといつまでたっても悩みは無くなりません。

 

ちなみに、母親しかいない、父親しかいない片親の家庭でも、あまり食事を作らない親でも、家が散らかっている家庭でも、子どもから見て母親との関係、父親との関係が良ければ人は楽しく生きていけますし、母親との関係が良ければ女性が多い職場で女の人たちとの関係も良好で普通に働けますし、父親との関係が良ければ男性が多い職場で男の人たちとの関係も良好で普通に働いて自立できます。

 

いくら、どんなに稼いでくれる父親や母親がいても、家事を完璧にしてくれる親がいても、親との関係が悪ければ、家庭の外に出た時に、人との関係は親との関係と同じになりますので、親との関係で悩むのと同じで、人間関係に悩むことになりますし、そのため仕事が続かないなど自立できない状況になります。

 

以下もアダルトチルドレンの人の悩みになります。

子どもの頃から周りに50%の人がいるために起こる状態になり、どこかで気づかない限り、この状態が変わることはありません。

☑感情がわからない

☑怒りや悲しみの感情はあるが、楽しい嬉しいなどの感情はよくわからない

☑厳しすぎ、否定し過ぎ、無視などの母性不在&父性不在の家庭で育ったと思っている

☑母親から守ってくれない父親だった

☑母親をかわいそうと思っていた

☑母親を楽にしてあげたいと頑張って生きてきた

☑自分の話をするのが苦手

☑誰にも自分の気持ちをわかってもらえないと思っている

☑どこにも居場所がないと思っている

☑どこにいても不安な気持ちがある

☑人に頼る、甘えるという意味がわからない

☑人と親しくなると居心地が悪くなり関係を断ってしまう

☑夫や子どもには素の自分を見せられるためイライラしたり感情的になることがある

☑笑いたくもないのに人前では笑顔でいるのが当たり前になっていて疲れる

☑本当は普通の人の2倍出来ているのに、いつも私は半分しか出来ていないと思っている

☑自己否定、自分が嫌い、自己価値が低い

☑NOと言えない、プレゼン下手、自分がない

☑他者中心で周りに気を遣い過ぎる

☑完璧主義

☑まだまだ頑張らないといけないと思っている(十分頑張っていることに気づけていない)

☑理想の自分と現実の自分に差がありすぎて自分はダメだといつも責めている

☑何でも自分のせいにする

☑責任を取り過ぎる(それに気づいていない)

☑しっかり結果を出してきているのにいつまでも自信が持てない

☑時々感情的になり爆発してしまう時がある

☑会話している時など人が近づきすぎると居心地が悪くなり、離れる

☑馴れ馴れしくしてくる人が苦手

☑挨拶や礼儀など、ちゃんとしないといけないと思っている

☑父親が厳しすぎ、会話ができない、酷い言葉を言われていた

☑父親から守ってくれない母親だった

☑︎方向音痴

☑︎相手の表情をすぐに汲み取ってしまい、気を遣って疲れる

 

アダルトチルドレンの改善は難しいことはありません。私自身、ここまで分かるには時間がある程度かかりましたが、自分で自分のダメだったところ、非を認める事ができさえすれば、あとは行動するのみですのでカウンセリングを受ける目的は早く達成されます。

私は、自分の改善とカウンセラーとして活動していくうちに、「元々、人ってどう生きていたのか?」「親子関係や家庭はどうあったのか」ということに行きつきました。

そこで、ネットで調べたり本を読んだりしました。

それで、行き着いたのは、先住民の人たちのことでした。

まだまだ勉強中ですが、先住民の人たちは何を食べていたのか、親子関係はどうだったのか、調べていくと色々と分かってきたのです。

一番、いいと思ったのは、子どもとても大切にしていたということでしたし、どんなことも7世代先の事を考えて決めていた、ということでした。

そして、とても健康的だったと。

これが、一つの基本となりますので、知ることで軸ができ、色々な情報に振り回される事がなくなります。