コーチング

ホメオスタシスのお話 何が何でも変わるものか! ①

今日はホメオスタシスのお話をしたいと思います。皆さんはホメオスタシスという言葉を聞いたことがありますか?

人が生命を維持していくために、脳が身体を安定した状態に保とうとする機能を「生体の恒常性(ホメオスタシス)」と言います。

それでは、ここから詳しくお話していきますね。

ホメオスタシスとは?

「ホメオスタシス」とは「恒常性維持機能」と言います。

米国の生理学者 W.キャノンが1932年に『人体の知恵』で提唱したもので、生物が環境の変化に応じて生体のバランスを適正に調整し「状態を一定に保ち続けようとする性質やその状態」のことを言うようです。

ホメオスタシスは常に安定的な状態を維持しようとします。

ホメオスタシスは人の内部環境を常に安定的な状態を維持してあげようと頑張ってくれています。

現在日本人の体温は低くなっていて平均36.89℃だそうです。(本来は37℃あっていいということ)私たちの身体はその体温を常に36.89℃前後に保とうとします。それが「心地良い状態」だからです。

この一定の状態にしてくれる働きをしてくれているのがホメオスタシスなのです。

そして、その「心地良い状態」には「ここから」「ここまで」は心地良いですよ、という範囲があります。その範囲のことを『コンフォートゾーン』(快適領域)といいます。その人にとって居心地が良い場所という意味です。

ですから、その居心地が良い場所から離れようとすると、元に戻るよ、元に戻るよとしてくれるのが「ホメオスタシス」のお仕事なのです。

例えば、走っていて転んで血が出たとします、でもほっといたら自然に血が止まりますよね。または寒い時、暑い時は汗を出したり、寒い時は身体をぶるぶるふるわせたりして、いい状態を維持しようと調節してくれます。

このように人に何かしらの変化があった時に「元に戻そう」とするのがホメオスタシスの働きで、その働きがあるため人は常に「コンフォートゾーン」の状態を保とうとします。

ホメオスタシスは「生命の維持」に必要なもので、「健康」を維持する上でとても大切なな役割を果たしてくれているのです、こうして私達の身体は守られています。

 

次に続きます。

 


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座