コーチングについて

コーチングとは

ライフコーチの平井智美です。

今日はコーチングについてお話したいと思います。

私は愛着障害(機能不全家庭で育った人、アダルトチルドレン)を抱えている人を専門にコーチングをしているコーチです。

コーチングとは

1990年ごろからアメリカを中心に広まり、2000年ごろから、日本でも経営者やマネージャーの研修に用いられるようになった、とあります。(Wikipediaより)

コーチングとは、対面でお話しながらクライアントの自己の実現や、目標達成を叶えていく技術のことです。

コーチングの技術を習得した専門家を「コーチ」呼びます。

「コーチ」と言う言葉は、「人を目的の場所まで届ける」ということから、4輪馬車の「コーチ」に由来しているようです。

コーチングはコーチがクライアントに最初から何かを教えることはせず、クライアントに問いかけ、それに対してクライアントがその時話したいことを話します、そしてそれをコーチが聴くことを繰り返します。

これを繰り返す中で、クライアント自身が大切なことに気づいたり、自身の可能性に気づき活用できるようになるのです。

なぜ、それができるのか?ですが。

コーチがクライアントの無意識に直接的に介入し強力に働きかけるためです。

そうすることで、成功する(本人にとっての成功)マインド(心)の使い方を超短期間で身につけることができ、生涯に渡り結果を出し続けることが可能となります。

私も経験してきましたが、受けている最中も終わった後も「面白い」と感じることが多く、終わったあとは必ず元気になっていました。

クライアントが自らの力でクライアントのそれまで見えなかった何かしらの結果を得ることが目的となります。

 


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座