アダルトチルドレン

悩んでいる状態が続いているなら、それはあなたが悩むことを選択しているから。

ずっと長い間、何かを悩み続けていませんか?同じ事でずっと悩んでいるのなら、それは悩むことを自分自身が選択していると「気づく」ことです。

 

 

私たちが生きている今は携帯電話やパソコンで調べることができます、悩みの解決方法を知っている人を探す事もできます。探したら、日本なら飛行機や新幹線で会いに行くこともできます。

 

 

私たちの親の世代は携帯電話もパソコンもありませんでしたし、交通の便も今のように発達していませんでした、遠くに行こうと思うと時間もお金もすごくかかったと思います。親がそういう時代に生まれたために機能不全家庭が今とても多いのかもしれませんね。

 

 

親のことで悩んでいる人たちはとても多いです、親のこと嫌いでもいいです。でも、クライアントさまの親の時代、その時代をなんとか生きてきた親は本当に強い人達です。いい悪いではなく、いつかあなたが楽になった時に「私は親は嫌いだけど、親は親で大変な時代を生きてきた強い人達だ」と思えるようになるとあなたの自己評価はグッと上がります。

 

 

どうしてもそう思えない時は思えないでいいですし、思えない親もいますから、みんなに当てはまることではありません。ただ、悩みの根本は親にありますから、子ども目線ではなく、同じ人として違う目線で見てみるとまた違う思いがあなたの中に出てくるかもしれません。

 

 

そして、あなたの悩みが親との関係ならそれはどうにかなります。あなたの中にある考えを変えるといいのです。あなたは悩みたくて同じことでずっと悩み続けています。どうにかしたい、どうにかしたいと悩んでいると思いますが、それは悩むということを選択しているから、そこから動こうとせず悩むことを選択して同じところにとどまり続けているのです。

 

 

人ですから、これまでと違うことをしようとしたり、新しい場所に行こうとすると抵抗が出てきます。人には元に戻ろうとする力が働く機能がありますから、何が何でも邪魔をしようとしてきます。そのため、すぐに戻されて、また「悩む」ことが続くのです。

 

 

でも、よーく考えてみてください、その悩みをずっと考えていて幸せになるのか、楽しくなるのかと。私も悩み続けていた時期がありました。

 

 

でもある日、「ずっと同じことを悩んでいるけど悩み続けていてそれがどうにか変わるわけ?」と自分に話かけていた時がありました。その時から悩んでも1~2分くらいで終わらせ、「じゃあ、どうする?」と切り替えるようにしました。

 

 

悩んでいるとエネルギーを使うので疲れます、疲れるとしたいことができなくなるので、悩む時間をなくし、その時自分にできることをできる範囲でやるように切り替えました。

 

 

人は変えられません、自分のことしか変えることはできません、自分が変わったら周りの人も変わります(代わります)。人はあなたのことをどうにかしてくれません、でも自分で決めたら自分のことはどうにかできます。ものすごく変わる事に抵抗すると思います、でもその抵抗を乗り越えながら進んでいくと本当にあなたの悩みはなくなっていますよ。

 

 

 


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座