アダルトチルドレン

母親が娘の幸せを無意識で邪魔をしてる!?

母親が娘の幸せを無意識で邪魔することがあるんですね。

(39歳 女性)

セッションを受けているクライアントさまからメールをいただきました。

 

そうですね、そういう事はあると思います。メールをいただいて久しぶりに私自身のことを思いだしました。

今は何故私の母が「ああいう事を言ったり」「ああいう行動をしたり」したのか良く理解できます。

ですが何も知らなかった時はわかりませんでした。

 

小学校から高校、社会人で家にいる間、友人と遊びたくて出かけることがなかなかできませんでした。母親の許可が必要になります。

機嫌がいい時は時間を守りさえすれば比較的楽に出かけることができました。

ですが機嫌が悪い時は友人と約束をしていても出かけることはできません、ですから友人も一人二人と少なくなっていきます。

 

遊んで帰る時間が5分でも遅れると感情的にとても怒られます。

家の中で勉強をしていても機嫌が悪いと勉強をしていると怒られる、わけがわからないですよね。とにかく母親の機嫌次第で何を理由に怒られるかわからない家庭環境でした。

 

私はたくさん食べれないのですが、たくさん食べないと食事のたびに怒られますし、準備ができたと思って座っていたらそれだけでも怒られます。クライアントさまも「座っていてご飯が出てくる身分でいいよね」とお母さんに言われてきた人も多いです。

 

そういう家庭だと座っていても手伝っても怒るんです。

 

こういう母から離れようと若い時から何かできる事をと色々チャレンジしていたのですが、全てに嫌な事を言ってきます。マイナスの言葉のオンパレードです。

 

結婚、子育て、家事、仕事、どれをとっても何か必ず私がクタクタになるような嫌な言葉を言われてきました。もうエネルギーを吸い取られまくってきました(笑)

 

90歳になる母ですが今でも時々そういう言葉を言います、人って気づかないかぎり変わらないな~とつくづく母を観て思います。しぶといです、今は笑ってすますことができます。

 

母親がなぜ自分が産んだ子ども、娘にこんなことをすると思いますか?

 

お母さんのコンフォートゾーン(居心地が良い状態、居場所)から娘が出るのを無意識で嫌うからです。お母さんは幸せになりたいと言いながら不幸のほうが居心地が良いということです。

 

私の母の場合で言うと、母にとって私は都合のいい子ども、人間だったわけです。親を早くに亡くした母はいつもそばにいてくれる人が欲しかったのでしょうね。

 

子どもを産んだことで家族ができ、もう一人にはなりたくないと思ったのかもしれません。ちょうど娘の私が産まれました。女の子は男の子より成長が早いですよね、夫を頼れなかった母は私を親代わり夫代わりにしてきたのでしょう。

 

そのためにはマイナスの感情で私が外に出ないように、動けないように、言う事を聞くようにしないといけないわけです。子どもは大きな大人が恐いし、親がいないと生きていけませんから子どもの頃は親に従いますよね。

 

そういう親と何十年も一緒にいるわけですから親からある意味洗脳されています、そして親の人生を共に生きさせられます。

 

子どもが途中で気づいても罪悪感を埋められていますから、親から離れようとすると子ども自身が離れられないようになっています。

 

この状況から脱出するにはとてもじゃないけど自分だけの力では難しいです。大きな広い穴に落ちているようなものですから誰かに引っ張り上げてもらうことが必要になります。

 

また、もがけばもがくほど穴の中に埋まっていくかもしれません。私がそうでした。40歳まで一人でもがいてきました。もがいてもがいて同じ失敗を何十回も繰りかえしました。何回やり直そうとしても面白い事に同じ結果になりました。

自分の中にあるものでもがいていたからでした。観えていませんでした。穴から出る方法も知らなかったです・・・

 

 

お母さんの人生を一緒に生きる必要はありません。お母さんから離れるとお母さんが可哀想と思っているなら、あなたが元気になって自立したあとにお母さんに手を貸してあげるといいでしょう。

 

でも実はお母さんはかわいそうではありません、だってそれがお母さん自身が望んでいる人生なのですから。

 


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座