ハハトコについて

楽しく幸せな人生を歩みたいアダルトチルドレンのあなたたちへ

だんだんと私の子どもたちの年齢と同じくらいのクライアントさまが増えてきました。皆若いのに毎日淡々と働いてセッション代を払いセッションを受けていただいています。

私が同じ年齢の時に同じ事ができたかな?と考えると、どうかな?と思ってしまいます。本当に素直に凄いなと思います。

最近こんなことを考えながら長女と仕事の話をしていました。

母(私)

「お母さんのクライアントさまだんだん若い人が増えてきたの」

長女

「そうなんだ、みんな母親を求めているのかもね」

 

母(私)

「ね、以前と比べてそれがはっきりわかってきたしクライアントさまの傾向として母親の役割を求めている、子育てで悩んでいる、男性との関係を改善したい人とはっきりしてきたの」

長女

「そうなのね、じゃあちょっとお母さんのホームページ最近扱ってなかったら手直ししてみるね!」

 

ということで・・・

ということでってどういうこと!?と長女につっこまれました(笑)

話しの内容をはしょってます笑

 

「ハハトコ」のサイトが少し変わりました。

 

 

あらためてよろしくお願いいたします。

 

話しは変わりますが。

私がカウンセリングをしながらずっ~と思っていたことがあって、それは、日本は機能不全家庭だらけじゃないの!?ってこと。

 

そんな事を考えていたら本田健さんの本にも、私たちのほとんどがそうでしょう(機能不全家庭で育った人)と書いてありました。

 

そう、これまで9年間カウンセリングをしてきて中には普通の家庭に育った方もいましたがそういう方も何かしらの悩みやうまくいかない事は必ずありました。

 

先日も記事に書いたように子どもに必要なことを教えてる親や大人がいないってことです。

例えば、

お米はどう洗うの?

味噌汁は何がいるの?

銀行の通帳はどうやってつくるの?

 

など生きていく上で必要なことがありますが、そういう事を普通に教えてる親がほんとに少ない。もちろん自分で調べて行動することも必要ですが、親が教えてもいい事もありますよね。

 

親が教えていないから親になったお母さんも何も知らない何も出来ない人もほんっとうに!驚くほどたくさんいます。

 

これまで私は機能不全家庭で育った人、アダルトチルドレンの人を専門にカウンセリング、コーチングをしてきたのですが、

 

あらためて私にできることと私に求めてもらっていることって「母親の役割」だと再認識しました。

次のような人に受けていただいています。

☑お母さんの役割を知りたい

☑お母さんとはどういうものか感じてみたい

☑子育てで悩んでいる

☑とにかく身体が疲れている

☑お母さんの笑顔をみることがほとんどなかった

☑赤ちゃんの時の養育者がお母さん以外だった

☑家事や仕事ができない

☑お母さんからもお父さんからも否定されて育った

☑お母さんから放置されていた

☑お母さんが無関心だった

☑お母さんがご飯をつくってくれなかった

☑お母さんのいう事は間違いないのだからいう事を聞くようにと言われ続けてきた

☑お母さんの話を聞くことが多かった

☑いつも男性との関係で悩んでいる

☑お母さんとの会話を経験してみたい

☑お母さんの愛情というものを知りたい

☑お母さんに話を聞いてもらうことも感情を受けとめてもらうこともなかった

☑女性としてどう生きていくといいか知りたい

☑とにかく楽しくて幸せな人生を生きれるようになりたい

 

長女

お母さんはさ家事も仕事も普通にできてきたよね、でもそれができない人もいると思うのよね。だから女性のお母さんに受けたいって人はやっぱり母親を求めているんじゃないかな。

長女

私もお母さんが仕事をしてきたところをたくさん見てきたし、家事も小さな頃からお母さんに怒られて(笑)してきたから普通にできたけど、お母さんが何も言わない家庭だとどうしていいかわからないと思うのよ

 

私もそう思っていたけど子どもって本当によく見てますね。長女の言う通りで本当にそうなんですよ。

私のクライアントさまのお母さんはほとんどが「わがままな女の子」です。大人の女性、親になっていないんですね。

もうね本当にそんなお母さんを持った子ども、特に娘は大変ですよ。

お母さんのお母さんをしなければいけないし、お母さんのライバルとして闘わさせられるし、何も教えてもらえないので恥ずかしい思いをたくさんしているし書き出したらきりがありません。

 

そして自分の子どもなのに娘に冷たいお母さんがほんとに多い!

そりゃお母さんの温かさを求めて彷徨いますよ、愛情を与えてもらっていないのですから。

子どもを育てるのに家事と仕事さえしていればいいわけではありません。

 

温かさを感じるお母さんが少ないから人生がほんとうにうまくいかない。

 

こういうふうに書いていますが過去の私もこの大切なことが全然わかっていませんでしたね、意識に上がっていませんでした。

だって私の母も家事と仕事さえしていればいいって考えでしたから。

 

とういことで、長くなるのでこのあたりで終わります。

 

今私は私の子ども4人、夫、私の母、そしてクライアントさまの母親の役割をさせていただいています。夫も私の母もだいぶ成長しました(笑)毎日笑ってばかりです。

そしてクライアントさまも同じように人生が明るい方向へ変化されています。

 

お母さんとの関係が改善されると女性の多い職場でも普通に仕事ができるようになりますし、お母さんの役割をしてもらうことで女性としての良いわがままさ良い強さ、良いしなやかさが身につき幸せな楽しい人生を送ることができるようになります。

女性はね優しいだけではダメです、本当はとても強いのですから。

 


▼あなたの人生をもっと楽しく幸せに!カウンセリングはこちらから

初めての方におすすめ

身体から整えるビジュアライゼーション

ライフコーチング

カウンセラー養成講座