アダルトチルドレンについて

アダルトチルドレンについて

アダルトチルドレンとは、親(祖母や祖父、他)に育てられたことで、家庭や世間の中で、偽りの自分を演じて生きてきた人たちのこと、を言います。

 

アダルトチルドレンも親も家庭環境も違うため、一人一人違います、違うからその人に合うカウンセリングが必要です。

 

まず、それを知っておいてください。

 

ほんとに一人一人違うんですよ、食べてきたものから、

使う言葉から、何から何まで違います。

 

もちろん、似ている、傾向がある、というのはあります。

 

でも、アダルトチルドレンと言われる人たちの中でも、

性格や考え方など真逆な人もいるんですよね。

 

なので、間違って自分に合わないものを受けると、

医師(アダルトチルドレンの事を分かっている医師のみ)、

カウンセラー、コーチから反対の事を言われるため、

逆に状態が悪くなって、何年たってもその状態かな抜けられません。

 

私も、そういう時期が何年かあって、

その間は、悪い方へ更に進んでほんとうに大変でした。

 

もうあのような思いはしたくないと思うほどです。

 

 

また、自分を変えることができるのは、

「自分だけ」ということも知っててください。

 

医師、カウンセラー、コーチは、「こうするといいよ」

「こう考えるといいよ」「こっちにくるとうまくいくよ」などと、

お手伝いしかできません。

 

親の役割と同じなんです。

 

それから、自分で、初めは何でもいいです、

どうなりたいか目標を持ってください。

 

卵を食べれるようになりたい、とか、

本を読めるようになりたい、とか、何でもいいです。

 

そういう、自分にとって簡単なことでいいので目標があるといいです。

 

続く