アダルトチルドレンについて

アダルトチルドレンについて〜アダルトチルドレンの家庭での子どもの役割

アダルトチルドレンについて調べたり研究した人が日本や日本以外にもいまして、その方が子どもがアダルトチルドレンになる家庭での子どもの役割を示しています。

 

アダルトチルドレンの家庭での子どもの役割

プリンス:周囲の期待を聞いてその期待に応えるため頑張ってしまう

リトルナース:自分の事は置き去りになっていて他人の世話をやいて頑張ってしまう

ヒーロー:頑張っている自分を認めてもらいたくて無理に頑張って目立ってしまう

プラケーター:特に母親を慰めるために動いている(父親の場合もある)

スケープゴート:大人になった時に大人として生きることができず困ることになってしまう家庭の中のダメを背負う役

クラン:親を楽しませよう、親の機嫌を損なわないように行動している道化を演じる

イネイプラー:自分の事をしたくてもできず、親を支える役割をしている

 

親のタイプや兄弟順位によって、どの役割をすることになるかが決まります。

 

私は、この「子どもの役割」に「50%の人、100%の人、200%の人」のアダルトチルドレン規準判別法を使ってカウンセリングをしています。